格安SIMでiPhoneを安く使うには?
お得な乗り換え方と注意点

家電量販店などで目にすることもある「格安SIM」。「スマートフォンを安く使えるらしい」と聞いたことがあっても、具体的なメリットや乗り換え方法を知っている人は少ないのではないでしょうか。

この記事では、格安SIMのメリットやデメリット、乗り換える際の注意点など、基本的なことを中心に解説していきながら、格安SIMにまつわる疑問の中でも特に多い、「格安SIMってiPhoneでも使えるの?」という疑問を解消していきます。

格安SIMとは?大手キャリアから回線をレンタルして提供されている

私たちが日々使用しているスマートフォンには、一台一台「SIMカード(シムカード)」というICカードが挿入されています。SIMカードには契約者を識別するための番号や電話番号などの情報が記録されており、これによって通話やインターネット通信が可能になります。

SIMカードは、スマートフォンの機種や通信会社にかかわらず必要です。もちろんiPhoneの場合も、契約したキャリアが発行するSIMカードが挿入されています。

それではiPhoneは大手キャリアのSIMカードでしか使えないのかと言うと、決してそうではありません。大手キャリア以外の事業者が発行する「格安SIM」と呼ばれるSIMカードでも、同じようにiPhoneを使用できます。

格安SIMとは、大手キャリアから通信回線を借り受けた事業者が、独自の料金設定で提供しているSIMカードです。インターネットプロバイダや家電量販店など、さまざまな事業者によって提供されており、その名の通り、大手キャリアと比べて格安でスマートフォンを使用できるようになります。

格安SIMが低価格な理由は、通信設備の維持費や運営にかかる人件費などのコストを削減しているからです。人それぞれの使い方に適した柔軟な料金プランや、お得な特典などを設定している格安SIMもあります。回線自体は大手キャリアから借りているため、安いからと言って通信エリアが限られたり、通話品質が落ちたりすることはありません。

格安SIMは、iPhoneなどの気に入った端末を使用しながら通信料金を抑えられるため、最近では大手キャリアから乗り換える利用者が増えているのです。

格安SIMへの乗り換えガイド

iPhoneを格安SIMで使うメリット・デメリット

数あるスマートフォンのなかでも、特に人気のiPhone。先に紹介した通り、格安SIMはiPhoneでも使用できます。しかし、大手キャリアのSIMを契約する場合と少々異なる点があるため注意が必要です。iPhoneを格安SIMで使う際のメリットとデメリットを確認しておきましょう。

メリット1.月額料金が安い

格安SIMの魅力は、何より価格が安いことです。iPhoneは端末購入代金だけでも決して安い買い物ではないため、毎月の通信料金はなるべく抑えたいという人が多いでしょう。

料金プランにもよりますが、端末代を除く大手キャリアの月額通信料金が5,500〜6,500円程度であるのに対して、格安SIMは1,500〜2,500円程度。1ヶ月あたり約5,000円の差があるため、契約期間2年間では約120,000円もの節約になる可能性があります。

家族数人でスマートフォンを使用している場合は、さらに大きな額となります。毎月かかる固定費だからこそ、格安SIMは家計の節約に大きく貢献するはずです。

メリット2.料金プランの選択肢が多い

格安SIMは、スマートフォンの使い方に合わせてさまざまな料金プランを選べることもメリットのひとつです。格安SIMを提供する事業者(MVNO)は主だったものだけで十数社あり、それぞれが多様な料金プランを展開しています。

データ容量に応じたプランはもちろん、電話のかけ放題やSMSの有無、通信速度が制限される代わりにデータ容量無制限のプランなど、自分に適したプランを選べます。

また、大手キャリアでは端末購入代金や月額料金、各種割引、オプションなどが複雑に絡み合った料金システムになっている場合がありますが、格安SIMはシンプルに必要なものだけを選べる料金システムが多くなっています。

メリット3.契約の縛りが少ない

スマートフォンの契約で特に制限を感じやすいものが、「2年縛り」と呼ばれる契約期間です。格安SIMのプランによっては、最低利用期間が設定されている格安SIMもありますが、その期間も短く、データ通信専用プランの場合は基本的にその縛りそのものがないケースもあります。

いつ契約を解除しても違約金がかからないため、気軽に契約をスタートしたり、格安SIM間で自分の使いやすいものに乗り換えたりすることが可能です。これは初めて格安SIMを使用する人にも安心できるポイントではないでしょうか。

UQ mobileが選ばれる魅力

デメリット1.サポートが弱い場合がある

大手キャリアと格安SIMで大きく異なるのがサポート面です。大手キャリアは全国各地に店舗を構え、店頭で直接サポートを受けられるのが強みです。

一方で、格安SIMは低価格を実現するため、インターネット販売が多く、そもそも実店舗を持たない場合があります。そのため、サポートは基本的に電話やチャットなどで対応されます。

スマートフォンに詳しい人にとってはすべてインターネット上で完結できたほうが好都合かもしれませんが、不慣れな人にとっては購入前の検討や契約、初期設定、故障時の対応などをすべて自力で行うのは難しいかもしれません。しかし反対に言えば、これまで店舗をほとんど利用しなかった人は、格安SIMに乗り換えても特に問題ないと言えるでしょう。

デメリット2.端末代金が高い

大手キャリアでiPhoneを新規購入する場合、月額料金とともに端末代金を分割で支払うのが一般的です。その際、大手キャリアなら割引のサポートが受けられるため、端末代金の実質負担は小さくなります。

一方、格安SIMで新型のiPhoneを使用するためには、SIMフリーの新品端末を一括または分割で購入したり、新古品や中古の端末を探して購入したりする必要があります。その際、基本的に端末代金は割引されないため、月額の通信料金は安くなるものの、端末代金の実質負担は大きくなる点には注意しましょう。

新型のiPhoneは10万円弱と高価ですが、最新機能や新品にこだわりがなければ、割安な新古品や中古の端末を選ぶことで、端末代金をお得にする方法もあります。

デメリット3.乗り換え時に不都合が生じる場合がある

格安SIMは店舗で直接サポートを受けられない場合もあるため、大手キャリア間での乗り換えよりも何かと手間や不都合が生じる可能性があります。

後述するSIMロックの解除のほか、乗り換えする際に一時的に通信ができなくなる場合があります。これは、使用していたキャリア側の通信を止めるタイミングと、格安SIMによる通信を始めるタイミングとの間に空白期間があるためです。最近ではこの空白期間をほぼゼロにできる格安SIMもあるので、空白期間を作りたくない場合は契約前にしっかり確認しましょう。

また、更新月以外に乗り換えをする場合は、使用していたキャリアの解約金が発生してしまいます。ただし、2019年10月からは総務省が発表した「改正電気通信事業法」によって大手キャリアの解約金は1,000円に大幅引き下げられたため、大きな負担とはならないでしょう。

こういった取り組みによって、最近では格安SIMに乗り換える際の不安が徐々に解消され、iPhoneをはじめとするスマートフォンでも格安SIMを利用しやすい環境となりつつあります。

ゲオモバイルが選ばれる理由

乗り換える前の注意点

上記のようなメリットやデメリットのほかに、iPhoneを格安SIMで使いはじめる際に知っておくべき注意点がいくつかあります。乗り換えを決断する前に、以下の点を確認しておきましょう。

「SIMロック」に注意!白ロムか赤ロム保証のある端末を選ぶ

iPhoneを使用して格安SIMに乗り換える場合、注意しなくてはいけないのがSIMロックの解除です。

SIMロックとは、そのスマートフォンを購入した会社以外のSIMカードを使用できなくするロックのこと。格安SIMを使用する場合は、このロックを解除する必要があります。

中古でiPhoneを使用する場合は、必ず「白ロム」と呼ばれる端末を購入するようにしましょう。「白ロム」とは、中古免許を所有する買取業者へ売却しており、以前の所有者のデータが完全に削除されている端末を呼びます。

中には「赤ロム」化という遠隔ロックのかかってしまう端末もあり、ネットワークの通信利用制限をかけられてしまうこともあります。赤ロム化してしまっても保証をしてくれる店舗もあるので、事前に「白ロムになっているか」、「赤ロム保証があるか」をチェックしておきましょう。

テザリングを使用する人は対応端末か確認

古いモデルのiPhoneだと、格安SIMによってはテザリングが使えない場合も。日常的にテザリングを使用する方は注意が必要です。格安SIMの公式サイトにも記載があるので、購入の際に確認をしておくようにしましょう。

通信速度に一癖あるのが格安SIM

格安SIMの場合、大手キャリアのSIMよりも通信速度が遅くなる可能性があります。

一般的に格安SIMは、大手キャリアから通信回線の一部を借りて通信を行なっています。格安SIMの回線容量によっても異なりますが、通学・通勤時間やお昼休憩、寝る前などスマートフォンを利用する人が増える時間帯では、快適なデータ通信ができなくなることも。

インターネットを使用する際は、上記の時間帯を避けたり、自宅ではWi-Fiと併用したりすることが快適な通信速度を保つコツです。

新古品・中古iPhoneと格安SIMの組み合わせがお得!

格安SIMを使って通信料を抑えつつ、中古のiPhoneを購入すれば端末代金を大幅に節約できます。未使用状態の新古品iPhoneは、新品と大差なく使えるにもかかわらず、価格は割安になっているため、まずは気軽に店頭で端末を触ってみるのも良いでしょう。

ゲオモバイルでは、お得なキャンペーンに加え、中古iPhoneとSIMカードの同時契約もできるため、低価格かつ便利に格安SIMに乗り換えられます。iPhoneを格安SIMで使いたいと考えている人は、ぜひゲオモバイルの公式サイトを確認してみてください。

モバイル端末一覧|iPhone